のぞえ総合心療病院 専攻医及び後期研修医募集

2023年度 のぞえ総合心療病院 専攻医及び
後期研修医募集

当院の後期研修について

のぞえ総合心療病院とは、米国メニンガークリニックをモデルとした「治療共同体モデル」に基づく日本唯一の「力動的精神医学的チーム医療」を導入している民間の精神科病院です。
現在は、風と虹グループとして久留米厚生病院(平成31年8月にのぞえの丘移転)、筑後いずみ園(情緒障害児短期治療施設)と3施設で精神医療の連携を図っています。

「力動精神医学的チーム医療」は従来の記述的チーム医療とは異なり、薬物療法だけに偏らず、従来の階層秩序による治療関係ではなく、医師や看護師、精神保健福祉士、作業療法士、臨床心理士など、全てのスタッフと患者の関係を、個人と集団の力を用いて治療を行なうものです。 患者の持つ健康な能力を引き出し、悪性の退行に陥りやすい境界水準の病理をもつケースさえも治療可能にしている。このような治療ソフトをもとに精神疾患の系統的な理解や治療は当然であるが、生物学的、心理・社会的の多方面から患者を理解することを学び、「力動精神医学的チーム医療」の主治医として、薬物を処方するだけの精神科医ではなく、スタッフチームにおける精神科医の役割と責任を学び、より成熟した臨床的能力が獲得できます。

後期研修医のみなさんへ
「オールラウンド」な臨床能力を
学ぶ研修プログラム。
患者さんが良くなっていく姿を
実感してほしい。

  • 治療共同体モデルについて
  • のぞえの丘病院(2019年9月開院)について

症例の多さ、学びのサポート体制、働きやすい環境 のぞえ総合心療病院の
研修のメリット

圧倒的な症例数に幅広い疾患。
専門医・指定医も取得可能

超急性期から慢性期の全ての病勢期、あらゆる年齢の精神疾患、精神保健福祉法に準じた入院症 例、そして地域生活復帰や社会復帰など、多彩な経験をすることができます。

豊富な指導医による
マンツーマン体制

主治医となっても必ず、患者それぞれに必ず上級の専門医が指導医となり、そのケースでの対応や家族面接など、相談できる体制です。新人職員研修のセミナーをはじめ、朝の全体ミーティングや回診など研修医が自然と学んでいく機会が毎日あります。

経済的な基盤をしっかり保障
働きやすい職場環境

年収1,000万円以上を保障、アルバイトをしなくても研修だけに 時間を費やすことが出来ます。年間休日150日以上、子育て中の女性医師についても働き方を考慮します。

後期研修医インタビュー

2023年度
専攻医及び後期研修医募集要項

雇用条件

身分
常勤職員
給与
年俸制 1千万円(当直費は別途)
就業日数
週5日
特別有給休暇
春休・夏休・秋休・冬休・年末年始 計29日
学会・研究会
出席可能(研修委員会で決定)
諸手当
当直手当(平日 3万円・土日 3万5千円)
日直手当(土曜日 4万5千円・日曜 5万円)
※当直明けは午後半休

見学日程

随時、見学は受け付けますが、単に入局説明や病院見学だけでなく 病院の雰囲気を感じてもらうため、朝の回診から全体ミーティングなど 様々な治療プログラムに見学参加していただきます。 履歴書のみ1通持参して下さい。(規定様式はありません) 尚、白衣は不要です。

採用の人数、可否について

本年度は3名程度を予定。 採用の可否については後日、こちらより連絡します。

応募・お問い合わせについて

見学申し込みは下記の連絡先よりお願いいたします。

Tel
0942-22-5311
Mail
nozoe@mtj.biglobe.ne.jp
担当者
プログラム統括責任者 吉島 秀和(診療部長)

この世にある
全ての資源を治療の為に We make good use of all resources
in the world for your treatment